北九州の在宅介護に関する相談窓口

ケアプランセンターはぴるす

 093-661-5601

受付時間(平日)8時30分~17時30分

北九州市八幡東区前田3丁目11番20-202

未分類

ケアマネさんへのイメージ

おはようございます。

今日も曇天模様の北九州市。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

今日のテーマは『ケアマネさんへのイメージ』です。

皆さまは『ケアマネさん』に対して、どのようなイメージをお持ちでしょうか?

今日は、最初の関わり方でイメージが変わるっていうお話を、事例を通じて書きたいと思います。

代表は現在『主任ケアマネ更新研修』を受講しています。

先日、2日目の研修に行った時の事例検討の際に出てきた事例です。

75歳の男性で『要介護5』の認定を受けています。

病歴は、脳梗塞後遺症で左片麻痺。

4人家族で、長男は遠方に在住。

次男は精神障害者です。

キーパーソンは奥さんなんですが、奥さんは我流で夫の介護をやっていて、ケアマネさんをなかなか受け入れようとはしません。

だから、なかなか介護サービスの導入が難しいという状況の事例です。

奥さんは、精神障害者の次男も看てきたっていう自負もあるようで…。

奥さんに『1人で何もかも背負ったら大変じゃないですか?』っていうアプローチに持っていくように、現在担当しているケアマネさんに気づかせるには?っていう
事例検討だったんですが…。

何が言いたいか?というと…。

たぶん、奥さんの中には『ケアマネさんがいたら、必ず何かサービスを使うように強要されるんじゃないか⁉』っていうイメージがあったと思うんです。

決してそんなことはないんです。

本来ケアマネさんは、介護のご相談を承り、適切なアドバイスや介護サービスの提案を行うのが業務ですが…。

アドバイスをする前に『利用者さん・ご家族の気持ちに寄り添う』ことを念頭において、そのうえでご相談を承っています。

ただ、今回の事例のように、寄り添い方やアプローチの方法を1つ間違えると、今回のような受け入れ拒否とかが起こってしまいます。

ですので、細心の注意を払いながら関わっていかないといけないんです。

今回の事例を通じて、改めて気づかされました。

何かお困りごとがありましたら…。

高齢者の在宅生活のよろず相談窓口。

ケアプランセンターはぴるすまで。

お気軽にご相談くださいませ。

24時間体制でご相談に応じております。

ケアプランセンターはぴるす
〒805-0069
北九州市八幡東区前田3-11-20-202
TEL:(093)661-5601
もしくは
TEL:(090)4992-8485
(営業範囲)
北九州市全域・中間市・遠賀郡全域・苅田町・行橋市・みやこ町
※営業範囲以外の方も、お気軽にご相談くださいませ。

  • この記事を書いた人

はぴるす

ケアプランセンターはぴるす 〒805-0069 北九州市八幡東区前田3-11-20-202 TEL:(093)661-5601 もしくは TEL:(090)4992-8485 (営業範囲)北九州市全域・中間市・遠賀郡全域・苅田町・行橋市・みやこ町 ※営業範囲以外の方もお気軽にご相談くださいませ。

-未分類

Copyright© ケアプランセンターはぴるす , 2021 All Rights Reserved.