北九州の在宅介護に関する相談窓口

ケアプランセンターはぴるす

 093-661-5601

受付時間(平日)8時30分~17時30分

北九州市八幡東区前田3丁目11番20-202

介護保険制度

生活保護受給者の介護サービス

おはようございます。

今日は朝から寒い北九州市。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

お身体にはご自愛くださいませ。

今日のテーマは『生活保護受給者の介護サービス』です。

昨夜、スマホのニュースを見てたら…。

こんな記事が出てました。

https://news.yahoo.co.jp/byline/fujitatakanori/20210128-00219735/

自分たちケアマネの立場として言わせていただくと…。

結論から言えば『ふざけるな!!』って話なんです。

一般的なところから言えば…。

ただでさえ『70歳定年制』とか『健康寿命の延伸』とか…。

そういったことを議論しているそばから、このような答弁をするとは…。

たぶん確実に、もっと社会保障費が膨らみますよ。

それと、前述の『ふざけるな!!』の理由ですが…。

生活保護は『最低限度の生活保障』なので…。

介護サービスにおいても制限がかかります。

実際に担当させて頂いて、お亡くなりになった利用者さんの事例です。

その方は最終的に『要介護3』の方で…。

在宅で生活するのもギリギリの状態…。

それでも強く『在宅』を希望されました。

最終的には病院でお亡くなりになりましたが…。

北九州市の場合『要介護3』以上になると『特養』の入所を勧められます。

それで何とか在宅で過ごせるように、デイサービスにヘルパーさん。

訪問看護も入れました。

もちろん福祉用具のレンタルも…。

でも『最低限度の生活保障』ですから…。

デイサービスは3回/週まで。
(北九州市はどうもそういう決まりのようです)

食事の確保のためにヘルパーさん。

身体の状態観察で訪問看護。

朝も昼も夕方も必要な状態だったのに…。

ケースワーカーから言われたのは…。

『1回/日の見守りがあったら十分でしょ!!』

だから『特養』を勧められるんです。

たしかに『税金』で賄ってますから…。

強くは言えない部分もあります。

ただケアマネという立場としては、本人の望む生活をさせてあげたい!!

その一心で、保護課とケンカしたりしてるんです。

そんな現場の実情をわかってほしい。

『自死』を防ぐ方法としての生活保護制度なら…。

もっと受給者が自立できるように…。

憲法第13条に明記されている『幸福追求権』を行使できるように…。

制度改正とか…。

地域の見守り体制を拡充するとか…。

もっと策を考えてほしい…。

今回の答弁は、あまりに軽率な気がします。

何かお困りごとがありましたら…。

高齢者の在宅生活のよろず相談窓口。

ケアプランセンターはぴるすまで。

お気軽にご相談くださいませ。

24時間体制でご相談に応じております。

ケアプランセンターはぴるす
〒805-0069
北九州市八幡東区前田3-11-20-202
TEL:(093)661-5601
もしくは
TEL:(090)4992-8485
(営業範囲)
北九州市全域・中間市・遠賀郡全域・苅田町・行橋市・みやこ町
※営業範囲以外の方も、お気軽にご相談くださいませ。

  • この記事を書いた人

はぴるす

ケアプランセンターはぴるす 〒805-0069 北九州市八幡東区前田3-11-20-202 TEL:(093)661-5601 もしくは TEL:(090)4992-8485 (営業範囲)北九州市全域・中間市・遠賀郡全域・苅田町・行橋市・みやこ町 ※営業範囲以外の方もお気軽にご相談くださいませ。

-介護保険制度

Copyright© ケアプランセンターはぴるす , 2021 All Rights Reserved.