北九州の在宅介護に関する相談窓口

ケアプランセンターはぴるす

 093-661-5601

受付時間(平日)8時30分~17時30分

北九州市八幡東区前田3丁目11番20-202

介護保険制度

ヘルパーの生活援助(その2)

おはようございます。

今日は大雨の上がった北九州市。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

今日のテーマは『ヘルパーの生活援助(その2)』です。

昨日のブログで、ヘルパーの生活援助は、主に以下の4つと書きました。

・掃除

・洗濯

・調理

・買い物代行

今日は『掃除』について書きたいと思います。

介護保険制度は『自立支援』っていうのが大前提なので、掃除や洗濯・調理や買い物など、自分でできることはして頂かないといけません。

それを踏まえて、どんなことをしてくれるのか?

逆にどんなことができないのか?

書いていきたいと思います。

前述のように、自分でできることはして頂かないといけないので、その方の身体状況っていうのが非常に重要になってきます。

例えばこんな利用者さんがいたとします。

『腰椎圧迫骨折』でコルセットを巻いていて、屈む動作ができない。

しかも『変形性膝関節症』で、歩行時にふらつきがあって、転倒の危険性が高い。

こういった方の場合、自分で掃除機がけをするのが困難だったり…。

ぞうきんがけやお風呂掃除など、屈んだり、しゃがんだりするのが困難ですよね。

こういった場合、ヘルパーさんは掃除機がけをしたりぞうきんがけをしたりします。

お風呂掃除もしてくれます。

トイレ掃除や玄関の中の掃除もします。

でも…。

介護保険制度は『自立支援』が大前提ですから…。

何でもヘルパーさんが行うわけにはいきません。

例えば、床のぞうきんがけであれば…。

クイックルワイパーなどのモップがけを本人に提案して、近くで見守りながらやってもらうとか…。

お風呂掃除であれば…。

柄の長いブラシなどを使って掃除をするように本人に提案して、一緒に掃除をするとか…。

そういったような支援のしかたになります。

あと、よく問題になるのが…。

同居家族がいる場合。

基本的には家族が行うっていうのが大前提です。

なので、台所・浴室・トイレ・廊下・玄関などの共有部分は掃除ができません。

やるとしたら、本人の居室のみになります。

ただ…。

ヘルパーさんが介護保険制度の支援の中ではできないこともあります。

今回の『掃除』で言えば…。

『窓ふき』はできません。

『草むしり』もダメです。

電球や蛍光灯を交換するのもダメなんです。

極端な言い方をすると…。

本人の生活に資する部分(支援しないと命に関わる)ことは、介護保険にて支援しますってことなんです。

なので、窓ふきしなくても…。

草むしりしなくても…。

『命には関わらないですよね』っていう解釈なんです。

今日は『掃除』について書いてみました。

参考にして頂けると光栄です。

何かお困りごとがありましたら…。

高齢者の在宅生活のよろず相談窓口。

ケアプランセンターはぴるすまで。

お気軽にご相談くださいませ。

24時間体制でご相談に応じております。

ケアプランセンターはぴるす
〒805-0069
福岡県北九州市八幡東区前田3-11-20-202
TEL:(093)661-5601
もしくは
TEL:(090)4992-8485
(営業範囲)
北九州市全域・中間市・遠賀郡全域・苅田町・行橋市・みやこ町
※営業範囲以外の方も、お気軽にご相談くださいませ。

  • この記事を書いた人

はぴるす

ケアプランセンターはぴるす 〒805-0069 北九州市八幡東区前田3-11-20-202 TEL:(093)661-5601 もしくは TEL:(090)4992-8485 (営業範囲)北九州市全域・中間市・遠賀郡全域・苅田町・行橋市・みやこ町 ※営業範囲以外の方もお気軽にご相談くださいませ。

-介護保険制度

Copyright© ケアプランセンターはぴるす , 2021 All Rights Reserved.