北九州の在宅介護に関する相談窓口

ケアプランセンターはぴるす

 093-661-5601

受付時間(平日)8時30分~17時30分

北九州市八幡東区前田3丁目11番20-202

ケアマネジャー

当たり前のことがありがたい現実

おはようございます。

今日もあいにくのお天気の北九州市。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

今日のテーマは『当たり前のことがありがたい現実』です。

コロナ感染での入院から、退院してきて3日目。

今日からいよいよ本格的に仕事復帰です。

何から手をつければよいのやら(汗)。

当たり前のことではありますが…。

当たり前ではない現実ってのがあって…。

例えば入院中は、食事制限があったりして、好きなものが食べられなかったり…。

好きな飲み物が飲めなかったり…。

治療のためにしかたないとか、我慢しないとかいうのがあって…。

退院して、そういった自由の素晴らしさにすごく気付かされるというか…。

ありがたく感じるんですよね…。

いつも以上に…。

代表は、退院前日に『ほっともっと』の「特唐揚げ弁当のプラス唐揚げ」を食べるって決めていて(笑)。

実際に、その日のお昼ごはんに食べました。

ごはんは普通盛りで…。

追加で野菜サラダをプラスして…。

食べたあと、精神的な満たされ感が半端なかったですね(笑)。

そんな当たり前なことが当たり前でない現実っていうのが、在宅介護支援の現場ではたくさんあって…。

そもそも利用者さんは、いろんな病気を抱えている中で生活をなさってるので…。

身体のこと、生命のこと…。

そういったことを考えたら、ある程度節制をしながら生活をするように声かけなりをしていかないといけないのに…。

でも、1度きりの人生。

ある程度は自分の思いのままに…。

好きなものを食べて、好きなものを飲んで…。

そういった生活を送ってもらいたいって思いもすごくあって…。

特に介護職などのような『福祉』の従事者っていうのは、どちらかと言えば『治療』とかよりも『自分らしさ』っていうのに重きを置いて考えるので…。

当たり前が当たり前じゃないっていう『二律背反』の部分をいかにうまくバランスを取るか…。

ほんと難しいところではありますが…。

今回の入院で、そのことについて深く考えさせられるきっかけになりました。

ただ、1つ言えること…。

ある程度は健康じゃないと…。

好きなことや仕事ができない…。

そこについては、改めて結論に至りました。

今後の在宅介護支援の現場に、この経験を活かしたい…。

そう思いました。

何かお困りごとがありましたら…。

高齢者の在宅生活のよろず相談窓口。

ケアプランセンターはぴるすまで。

お気軽にご相談くださいませ。

24時間体制でご相談に応じております。

ケアプランセンターはぴるす
〒805-0069
福岡県北九州市八幡東区前田3-11-20-202
苅田オフィス
〒800-0352
福岡県京都郡苅田町富久町1-2-19
TEL:(093)661-5601(本社)
もしくは
TEL:(090)4992-8485
(営業範囲)
北九州市全域・中間市・遠賀郡全域・苅田町・行橋市・みやこ町
※営業範囲以外の方も、お気軽にご相談くださいませ。

  • この記事を書いた人

はぴるす

ケアプランセンターはぴるす 〒805-0069 北九州市八幡東区前田3-11-20-202 TEL:(093)661-5601 もしくは TEL:(090)4992-8485 (営業範囲)北九州市全域・中間市・遠賀郡全域・苅田町・行橋市・みやこ町 ※営業範囲以外の方もお気軽にご相談くださいませ。

-ケアマネジャー

Copyright© ケアプランセンターはぴるす , 2021 All Rights Reserved.