北九州の在宅介護に関する相談窓口

ケアプランセンターはぴるす

 093-661-5601

受付時間(平日)8時30分~17時30分

北九州市八幡東区前田3丁目11番20-202

介護保険制度

予防給付型サービスと生活支援型サービス

おはようございます。

今日もお天気の北九州市。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

今日のテーマは『予防給付型サービスと生活支援型サービス』です。

なんか難しいテーマですよね?

これって何かというと『要支援』の認定を受けている方が使えるサービスのことなんです。

ちょっとややこしい話になりますが…。

『要支援』の認定を受けている方が利用できるサービスのうち、ヘルパーさんとデイサービスについては、介護保険の給付から外れているんです。

通常介護保険制度っていうのは、国が運営している制度なんですが、前述のヘルパーさんとデイサービスについては、市町村が独自で運営しているんです。

なので、通常の介護保険制度とは別個のサービスになっています。

では、今日のテーマ。

『予防給付型と生活支援型サービス』の違いについてですが…。

以下のような違いがあるんです。

予防給付型:今まで利用していたヘルパーさんやデイサービスのこと

国家資格保有者(例えば介護福祉士など)や介護職員初任者研修受講修了者などが事業所にいます。

生活支援型:地域ボランティアやNPOなどが運営している事業所

予防給付型とは違って、別に有資格者じゃなくてもサービスが行えます。

こういった違いがあるため、料金も変わってきます。

どちらかと言えば『生活支援型』のほうが利用料金は安いです。

ただ、利用者さんからしたら、今まで利用していたサービスを継続して利用したいとおっしゃられることが大半なので『予防給付型』のサービスを位置づけることがほとんどです。

『要支援』の認定を受けている方が利用できるサービスって書きましたが…。

実は、まだ認定を受けたことがない方でも利用することができるんです。

どんな方が対象か?というと…。

毎年一度市町村から送られてくるチェックリスト(北九州市の場合は『健康いきいきチェック』)に回答して、それを市町村に返信します。 

それを地域包括支援センターにいる保健師がチェックして『特定高齢者』って判断された場合、前述のようなサービスを利用しませんか?って勧められます。

『特定高齢者』っていうのは、前述のチェックリストをチェックしたなかで『これ以上弱ってきたら要介護・要支援認定の申請をしないといけないかな?』って判断された方のことをいいます。

だから、要介護・要支援認定を受けなくてもいいように、少しでも予防しましょうってことで、サービスの利用を勧められます。

詳しくはケアマネさんにお聞きください。

何かお困りごとがありましたら…。

高齢者の在宅生活のよろず相談窓口。

ケアプランセンターはぴるすまで。

お気軽にご連絡くださいませ。

24時間体制でご相談に応じております。

ケアプランセンターはぴるす
〒805-0069
福岡県北九州市八幡東区前田3-11-20-202
苅田オフィス
〒800-0352
福岡県京都郡苅田町富久町1-2-19
TEL:(093)661-5601(本社)
TEL:(093)981-9405(苅田オフィス)
FAX:(093)661-5602(本社)
FAX:(093)981-9406(苅田オフィス)
もしくは
TEL:(090)4992-8485
(営業範囲)
北九州市全域・中間市・遠賀郡全域・苅田町・行橋市・みやこ町
※営業範囲以外の方も、お気軽にご相談くださいませ。

  • この記事を書いた人

はぴるす

ケアプランセンターはぴるす 〒805-0069 北九州市八幡東区前田3-11-20-202 TEL:(093)661-5601 もしくは TEL:(090)4992-8485 (営業範囲)北九州市全域・中間市・遠賀郡全域・苅田町・行橋市・みやこ町 ※営業範囲以外の方もお気軽にご相談くださいませ。

-介護保険制度

Copyright© ケアプランセンターはぴるす , 2021 All Rights Reserved.