北九州の在宅介護に関する相談窓口

ケアプランセンターはぴるす

 093-661-5601

受付時間(平日)8時30分~17時30分

北九州市八幡東区前田3丁目11番20-202

ケアマネジャー

『常識』ってなに?

おはようございます。

今日は1日お天気の予報の北九州市。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

今日のテーマは『常識ってなに?』です。

たまに思うことがあるんですよ…。

『常識ってなに?』って…。

辞書ではこういった意味だそうです。

一般の社会人が共通にもつ、またもつべき普通の知識・意見や判断力

代表が考えてる『常識』の意味とは?

一言で言えば『道理』だったり『思いやり』です。

でも、これって人それぞれで捉え方だったり解釈だったりで違いますよね?

代表が考えてる『思いやり』って部分1つをとっても、その人にとっては嬉しいことだったり、いらぬお世話だったり…。

捉え方1つでも違うし、タイミングとかでも違いますよね?

代表が最近読んだ本の著者が、こんな言葉を書いてました。

事実は1つ。解釈は無数。

これって、自分たち相談援助者として従事してる者は必ず意識していないといけないことなんですよ。

利用者さん・ご家族って、育った環境も違えば職業だって違うし…。

経験してきたことだって違いますよね?

だから、それによって『常識』って言葉の意味も解釈も違ってきますからね…。

それをまずは受け入れることが、相談援助者として従事する者として意識しないといけないんですよ。

以前のブログにも書きましたが…。

相談援助技術と心理学

『バイスティックの7原則』ってのがあって…。

それを業務の際は常に意識しないといけないんです。

まぁでも、これって普段の生活の中でも意識しないといけないことなんですけどね…。

今日は自戒を込めて書きました。

何かお困りごとがありましたら…。

高齢者の在宅生活のあらゆるよろず相談窓口。

ケアプランセンターはぴるすまで。

お気軽にご相談くださいませ。

24時間体制でご相談に応じております。

ケアプランセンターはぴるす
〒805-0069
北九州市八幡東区前田3-11-20-202
TEL:(093)661-5601
もしくは
TEL:(090)4992-8485
(営業範囲)北九州市全域・中間市・遠賀郡全域・苅田町・行橋市・みやこ町
※営業範囲以外の方も、お気軽にご相談くださいませ。

  • この記事を書いた人
大内田省治

代表:大内田省治

ホームヘルパー2級、介護福祉士、介護支援専門員、主任介護支援専門員取得。平成26年11月1日にケアプランセンターはぴるすを創業し、「高齢者の在宅生活におけるよろず相談窓口」として、利用者さまやご家族さまに喜んで頂きたいという思いで運営してます。

-ケアマネジャー

Copyright© ケアプランセンターはぴるす , 2022 All Rights Reserved.