北九州の在宅介護に関する相談窓口

ケアプランセンターはぴるす

 093-661-5601

受付時間(平日)8時30分~17時30分

北九州市八幡東区前田3丁目11番20-202

ケアマネジャー

悲しみの重さ

おはようございます。

今日は曇天模様の北九州市。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

今日のテーマは『悲しみの重さ』です。

昨日の朝、利用者さんが急逝されたと連絡がありました。

その方は、今月から『要支援2』になった方。

以前は『要支援1』でした。

『坐骨神経痛が痛む…』っていう訴えはあってましたけど、自分でバスに乗って病院に行ったり、惣菜とかを買って帰ったりできる、元気な方でした。

逝去されたとの一報が入った時、思わず『はぁ⁉』って、大声で言ってしまいました。

そのくらい信じられませんでした。

関わりだしてたったの5ヶ月…。

あまりに短い対応でした。

こういった短い対応ってのは、いわゆる『終末期』とか『ターミナルケア』って言われる方が多いんです。

ですから今回の場合、ほんとに信じられませんでした。

ここからが今日のテーマ。

『悲しみの重さ』って話になりますが…。

どんなに長く担当していても…。

今回のように短い間の担当でも…。

悲しみの重さって変わらなくて…。

ご家族とかなら、こういった思いが強いかと思いますが…。

『もっと○○しとけばよかった』とか…。

『○○しとけば、違った結果になったんじゃないか?』とか…。

『後悔先に立たず』じゃないですが…。

自分たちケアマネや、関わってくれているサービス事業所のスタッフも、同じ思いになります。

利用者さんへの対応を振り返り、反省して…。

そして、次に出会った利用者さんに対して、反省したことを活かして対応していく…。

これが自分たち医療・介護従事者なんです。

だから、悲しみの重さは変わらないし…。

何度も利用者さんの死を見届け、お見送りしても…。

利用者さんを失う『悲しみ』は、慣れません。

逆に慣れちゃいけないと思うんです。

慣れちゃうと、前述のような振り返りや反省がなくなるし…。

反省して、同じ轍を踏まないように…。

次に出会った利用者さんに一生懸命対応する…。

それが医療・介護従事者の成長につながると思うので…。

今回お亡くなりになった利用者さん。

この場をお借りして、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

何かお困りごとがありましたら…。

高齢者の在宅生活のよろず相談窓口。

ケアプランセンターはぴるすまで。

お気軽にご相談くださいませ。

24時間体制でご相談に応じております。

ケアプランセンターはぴるす
〒805-0069
北九州市八幡東区前田3-11-20-202
TEL:(093)661-5601
もしくは
TEL:(090)4992-8485
(営業範囲)
北九州市全域・中間市・遠賀郡全域・苅田町・行橋市・みやこ町
※営業範囲以外の方も、お気軽にご相談くださいませ。

  • この記事を書いた人

はぴるす

ケアプランセンターはぴるす 〒805-0069 北九州市八幡東区前田3-11-20-202 TEL:(093)661-5601 もしくは TEL:(090)4992-8485 (営業範囲)北九州市全域・中間市・遠賀郡全域・苅田町・行橋市・みやこ町 ※営業範囲以外の方もお気軽にご相談くださいませ。

-ケアマネジャー

Copyright© ケアプランセンターはぴるす , 2020 All Rights Reserved.