北九州の在宅介護に関する相談窓口

ケアプランセンターはぴるす

 093-661-5601

受付時間(平日)8時30分~17時30分

北九州市八幡東区前田3丁目11番20-202

在宅

自立支援という名の…

おはようございます。

今日もお天気の北九州市。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

今日のテーマは『自立支援という名の…』です。

ケアマネとして、たまにあるのがご夫婦の支援。

どちらかが『要介護』認定。

どちらかが『要支援』認定。

こういうパターンはよくあるんですが…。

たまに、どちらも『要介護』認定を受けている方がいらっしゃいます。

今回の事例は、夫が『要介護5』で妻が『要介護2』のご夫婦です。

バツイチ同士で一緒になったご夫婦で、2人の間には子どもはいませんが、別れた相手との間には、お互いに子どもがいます。

そういったこともあり、なかなか子どもたちからの支援は望みにくい関係です。

夫には毎日朝と夕方、ヘルパーさんが入っていて、週に4回デイサービスにも行ってます。

妻も週に2回、ヘルパーさんが入っていて、週に2回、デイサービスにも行ってます。

ただ、人手不足の影響もあって、夫婦で合わせて5社のヘルパー事業所が入っていて…。

夫婦にとっては、どちらの活動で入ってるかわからなくなってしまっています。

介護保険制度を杓子定規に言えば『自立支援』なので夫のサービスで入ってる時は夫の支援。

妻のサービスに入ってる時は妻の支援です。

今回の事例では、妻には『調理支援』も入っているため、調理をするにしても『妻の分』のみしか作りません。

だけど、利用者さんからしたら、介護保険制度は自立支援ってことを説明しても、なかなか理解がいかない部分が多々あります。

これが利用者さんからしたら『自立支援という名の壁』になるんです。

これを調整するのが、ケアマネさんからするとなかなか難しくて…。

杓子定規に支援するのが正解ではあるんですが…。

相手は高齢の利用者さん…。

いくら『残存機能を生かす』とはいっても、体調の波とか…。

難しい部分も多々あります。

そして、どちらかが入院してしまえば、入院中は支援がなくなるので…。

一緒に生活してる場合は、結果的には活動に入ってる時は、どちらもの支援になってしまいます。

おまけに、こんなことを言ったらマズいですが…。

ヘルパー事業所でも、杓子定規に支援するところ。

融通を利かせてくれる事業所。

さまざまあります。

だから、一緒に生活してる場合は、ヘルパー事業所の役割分担を明確にしておく必要があります。

こういった『自立支援という名の壁』をうまく調整したりするのもケアマネさんの仕事です。

利用者さんがどこまでできて、どこからが支援が必要なのか?

そこをしっかり把握しとくのが重要になります。

ですので、利用者さんからしたらきついかもしれませんが…。

自分でできる部分は、できる限り自分で行ってもらうように…。

そして、もしご家族が支援できるのなら…。

できれば支援して頂ければと思います。

何かお困りごとがありましたら…。

高齢者の在宅生活のよろず相談窓口。

ケアプランセンターはぴるすまで。

お気軽にご相談くださいませ。

24時間体制でご相談に応じております。

ケアプランセンターはぴるす
〒805-0069
北九州市八幡東区前田3-11-20-202
TEL:(093)661-5601
もしくは
TEL:(090)4992-8485
(営業範囲)
北九州市全域・中間市・遠賀郡全域・苅田町・行橋市・みやこ町
※営業範囲以外の方も、お気軽にご相談くださいませ。

  • この記事を書いた人

はぴるす

ケアプランセンターはぴるす 〒805-0069 北九州市八幡東区前田3-11-20-202 TEL:(093)661-5601 もしくは TEL:(090)4992-8485 (営業範囲)北九州市全域・中間市・遠賀郡全域・苅田町・行橋市・みやこ町 ※営業範囲以外の方もお気軽にご相談くださいませ。

-在宅

Copyright© ケアプランセンターはぴるす , 2020 All Rights Reserved.