北九州の在宅介護に関する相談窓口

ケアプランセンターはぴるす

 093-661-5601

受付時間(平日)8時30分~17時30分

北九州市八幡東区前田3丁目11番20-202

終活

検死について

おはようございます。

今は晴れてるの北九州市。

午後は雨が降るみたいです。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

今日のテーマは『検死』についてです。

独居の方で、ご家族が遠方にいたり、身寄りがなかったりする場合に起こりがちなことなんですが…。

たまにこんなことがありますよね。

孤独死…。

先日、弊社の利用者さんでいらっしゃいました。

『死後の事務手続き』っていうテーマの際に書いた事例の方なんですが…。

その方は独居で、お兄さんが遠方にいらっしゃるっていった方でしたが…。

ヘルパーさんが訪問した時に全く応答がなくて…。

人工透析をなさってた方だったので、病院の方が迎えにきた時も応答がなくて…。

結局鍵を開けてもらって、中に入ったら亡くなってました。

こういう時、警察の検死が入るんですが…。

『検死』って、警察がかかりつけの先生を呼んだり、警察が依頼した先生とかにしてもらうんですよ。

何をするか?っていうと『事件性』があるかないかを確かめるんですよね。

事件性がなければいいんですが、もしあれば司法解剖に回るそうなんです。

司法解剖に回れば、お金はかからないんですが…。

事件性がなく『病死』と判断された場合は、お金がかかるそうなんですよ。

ケースバイケースであったりだとか、地域によって値段は違うみたいですが、北九州市だとだいたい3万円~7万円くらいになるそうです。

在宅でかかりつけの先生に往診にずっと来てもらって『ご臨終です』って告げられた場合は対象外です。

家族が遠方にいて、すぐに駆けつけることができない場合や身寄りがない方などは、やっぱり『成年後見制度』とか『死後事務委任契約』とかを利用することをおすすめします。

死後事務委任契約とか成年後見制度は、弁護士・司法書士・行政書士などの士業の先生が得意とする業務なんです。

『死後の事務手続き』の時にも書きましたけど『成年後見制度』とか『日常生活自立支援事業』っていうのは『ご存命』の時に行うことであって、お亡くなりになった時点で終わりなんですよ。

ですから、もし利用するのであれば『死後事務委任契約』までしておくことをおすすめします。

弊社は弁護士・司法書士・行政書士などの士業の先生方とも連携させて頂いたり、仲よくさせて頂いております。

何かお困りなことがありましたら…。

高齢者の在宅生活のあらゆるよろず相談窓口。

ケアプランセンターはぴるすまで。

お気軽にご相談くださいませ。

24時間体制でご相談に応じております。

ケアプランセンターはぴるす
〒805-0069北九州市八幡東区前田3-11-20-202
TEL:(093)661-5601
もしくは
TEL:(090)4992-8485
(営業範囲)北九州市全域・中間市・遠賀郡全域・苅田町・行橋市・みやこ町
※営業範囲以外の方もお気軽にご相談くださいませ。

  • この記事を書いた人

はぴるす

ケアプランセンターはぴるす 〒805-0069 北九州市八幡東区前田3-11-20-202 TEL:(093)661-5601 もしくは TEL:(090)4992-8485 (営業範囲)北九州市全域・中間市・遠賀郡全域・苅田町・行橋市・みやこ町 ※営業範囲以外の方もお気軽にご相談くださいませ。

-終活

Copyright© ケアプランセンターはぴるす , 2020 All Rights Reserved.